あなたのスキルはこう生かせ!キャリアアップの道しるべ

弁理士資格(学習者)のキャリア

特許事務所での弁理士、技術者 弁理士資格(学習者)のキャリア

完全無料!お気軽にご相談下さい。転職サポートWEBエントリーはこちら!
特許事務所での弁理士、技術者の具体的な業務
  • ・出願書類(明細書など)作成
  • ・訴訟対応
  • ・中間処理
  • ・コンサルティング
  • ・特許調査
弁理士、技術者のやりがい
クライアントとなるのは製造業、教育機関など多岐に渡ります。様々な分野の最先端の技術に触れ、その権利化のための各種手続きを担当。理系出身の方の場合、ご自身のバックグラウンドを活かした業務を行うことができます。
また、クライアントが抱える知的財産に関する問題点をヒヤリングしてコンサルティングをし、企業戦略に関与することも可能です。
また、文系出身の方の場合は意匠や商標に関する出願やコンサルティングを担当します。
求められるスキル
  • ・知的財産に関する知識

    弁理士有資格者であることが望ましいですが、弁理士の短答式試験合格レベルでも業務に必要な一定の知識があると評価されることが多いです。

  • ・英語力

    知的財産分野の共通語は英語と言われるほど、使用頻度が高いです。国内企業の案件でも国内出願のみということは少なく、外国出願の割合が高くなっています。海外クライアントとのやり取りや、英文の明細書の読解、作成をすることもあり、特許事務所への入所を希望するならば英語力は必須と言えるでしょう。

  • ・バックグラウンド

    特許事務所で勤務されている弁理士、技術者の9割近くが理系出身者です。なぜなら、特許事務所が扱う案件の多くが理系の知識を必要とする特許に関するものだからです。特に電気や機械、制御、化学などが専門の方が多く求められます。一方、商標や意匠は文系出身の方が担当されることが多いです。


企業知的財産(知財)部 弁理士資格(学習者)のキャリア

完全無料!お気軽にご相談下さい。転職サポートWEBエントリーはこちら!
企業知財部の具体的な業務
  • ・知財戦略立案
  • ・社内技術者からの特許発掘
  • ・訴訟対応
  • ・特許調査、評価、解析、出願
  • ・特許事務所の窓口
  • ・知財に関する契約管理
企業知財部のやりがい
企業が持つ知的財産を発掘、権利化することで自社の技術や著作物を守ることができます。
また近年では、知的財産の利用を企業の大きなチャンスと捉えている企業が増えており、知財戦略の立案、推進をすることで自社の発展に寄与することができます。
求められるスキル
  • ・理系のバックグラウンド、法律知識

    メーカーの知財部であれば、理系知識が求められることが多いです。出版社等の知財部では司法試験勉強経験、弁理士試験の知識など法律知識が求められます。

  • ・英語スキル

    海外企業とのやり取りも多く発生する為、英語スキルがあることが望ましいです。

  • ・コミュニケーション能力

     社内外でのやり取りが多く発生します。