法科大学院卒業生の転職成功事例

法科大学院卒業生の転職成功事例

Q:司法試験を目指したきっかけは?

A:テレビドラマでみた弁護士の姿へのあこがれからです。

とても単純なのですが、高校時代に織田裕二さんが主演をされていた弁護士のテレビドラマをみて、 とてもかっこよく思えたことがきっかけで弁護士を目指そうと思いました。 また、私の従兄弟がたまたま弁護士として既に活躍をしており、弁護士の存在を身近に感じておりました。 その為、職業を選択する際に具体的な目標としてイメージしやすかったのも弁護士を目指す一つの要因となったように思います。

株式会社富士薬品(平成23年入社)
井上 雄介さん

慶応大学大学院法務研究科
既習コース卒業
新司法試験受験(平成21/22年短答式合格)

法科大学院卒業後、株式会社東京リーガルマインドプロキャリアに登録。 プロキャリアからの紹介にて、株式会社富士薬品法務の紹介予定派遣からスタート。その後、正社員として正式に入社されました。 学んできた法律知識を活かし、法務・知財財産管理部にて 渉外業務等の重要な戦力としてご活躍されています。

Q:どのような気持ちで就職活動をされていましたか?

A:書類選考すら通過できない日々が続き、本当に就職ができるのか不安で一杯でした。

就職活動は会社の規模・業種など、特にこだわりをもたずに法律に関わる業務へ幅広く応募しましたが、 実務経験がないこともあり思うような結果を得られませんでした。 人材紹介会社に連絡をしても、実務経験がないとを理由に登録すらできない会社もありました。 実際、登録できた人材紹介会社はプロキャリアともう1社のみでした。 自己応募なども多数行いましたが、書類選考の通過すらできないことが続き、面接に進んだ数少ない企業も結局、 不採用となってしまいました。この時は先が見えず、いつまでこの不安な状態が続いてしまうのかと深く思い悩む日々を過ごしていました。

Q:プロキャリアの印象は?

A:就職活動でのさまざまな過程で親身なアドバイスを頂き、とても安心することができました。

私自身、初めての就職活動であった為不安なことも多く、プロキャリアの方とは密にやりとりをさせて頂きました。法科大学院卒業生の就職事情や法務職に関する求人動向のご案内の他、履歴書・職務経歴書等の応募書類についての指導を頂くなど、丁寧に対応して頂きました。登録後、現在勤務している会社の求人案件を紹介して頂き、企業の特徴などの説明を受けた後に、すぐに応募を決意しました。 無事に書類選考を通過し面接へと進みましたが、面接前には面接では質問しにくい内容のことや面接時の受け答えに関するアドバイスなど、詳しく丁寧に教えて頂き大変ありがたかったです。 選考は予想していた以上に順調に進み、これまでの苦労が嘘のように思えるくらいでした。内定後も入社にあたっての心構えなど貴重なアドバイスをして頂き、安心して入社することができました。

Q:現在のお仕事はいかがですか?

A:契約・審査・他部署からの相談など、悪戦苦闘しながらも充実した毎日です。

私共の法務部は部門が設立されてからまだ日が浅いこともあり、大変慌しい日々を過ごしております。 現在5名で多岐にわたる案件をこなしており、契約・審査・他部署からの相談や社内規定作成等、さまざまな業務をこなしています。 訴訟案件を担当した時は、非常に難しい業務で大変苦労もしましたが、多くのことを学び成長することもできました。 まだまだ悪戦苦闘の毎日ですが、現在も上司や同僚、他部署の皆さんに支えられながら充実した日々を過ごしております。

Q:これから、法科大学院卒業後に就職活動を行う皆さんへメッセージをお願いします。

A:プライドを高くもちすぎずに、応募をすること、そして、謙虚な姿勢で望むことが大切。

法科大学院を卒業しているからといって、実務経験がなければ内定を獲得するのはとても厳しいのが現実です。 プライドを高くもちすぎて、知名度や規模などで応募先を限定することはお勧めできません。 先ずは多くの企業に応募をして、少しでもチャンスを創り出すこと、そして、その企業や人を自分の目で見て感じてみることが大切なことと思います。 面接では法科大学院での専門知識をひけらかすなど自分のアピールに終始するのではなく、面接官の質問の主旨をきちんと理解し、真摯に受け応えをしていくような謙虚な姿勢がとても大切だと思います。 このような姿勢は面接だけでなく実際に企業の中で働く時も、上司や同僚、顧客からも信頼を獲得することにつながり、 よりよい仕事を遂行する為には欠かせないことだと感じています。

法科大学院卒業生は、つい法律の知識を前面に出して一方的に長話をしてしまいがちですので、 特に注意が必要です。経験やスキルを伝えることも大切ですが、自己満足の面接ではいけないのです。 また、入社後に過度な期待をもたれぬようにありのままの自分を見て頂くことも必要だと思います。 本当の自分を知って頂いた上で、一緒に仕事がしたいと思ってもらえるかどうかということも自分にあった職場をみつける為には 大切なことのように思います。

「謙虚な姿勢が大切」と熱く語る井上さん。
とても立派に成長され、今では、以前とは別人のような風格すら感じられるまでになりました。

富士薬品の経営するドラックストアの前。
不動産に関わる法務業務も多い。

「プロキャリア」は、就職活動や転職活動に臨むあなたのパートナーとして、充実したサービスと親身なサポートで力強くバックアップいたします!
ご登録は無料です。まずは、お気軽に下記WEB登録フォームからご登録ください。

まずは気軽にご相談下さい。登録はこちらから 企業知財部・特許事務所求人へ登録 まずは気軽にご相談下さい。登録はこちらから 企業知財部・特許事務所求人へ登録