2018年度 司法書士試験合格者 就職体験記 2019年2月入所①

2018年度 司法書士試験合格者 就職体験記

2019年2月入所 神田 正道 さん(50代 男性)
プロキャリアに登録した理由

求人数が多く、選択肢が増えると思ったため。また士業の有資格者を対象とした求人情報がかなり少ないのが実情であるのに対して、プロキャリアの場合は、合同説明会の場も提供していただけるため。

転職活動を始めた時期

2018年の9月頃。多分この頃に、プロキャリアの案内がメールされたと思います。これがきっかけとなりました。

転職活動で大変だったこと

年齢のハンデ。これは書類選考・事前応募でたいてい、はねられたと思います。

また求人条件で、年齢の上限のあることが多く、魅力的に感じた事務所は数箇所あっても残念な結果になることが多かったです。でも、全くのゼロではないので積極的に求人を根気強く探しました。

ただ言える事は何回も不採用の通知を受ければ、さすがにメンタル面で凹みそうになることがありました。しかしながら、結局は私でもどうにかこうにか、求人がございまして、今はそこで働いております。つまり、フタを開けてみれば、思ったよりはあっさりと決まったな、という思いです。ですから、かなり大変であったとは思っておりません。

就職活動をするときに心がけていたこと

上記にも書いた通り、年齢のハンデはあるだろうとは予測しておりました。しかし、常に思っていたことは、不採用の通知がされても、落ち込まない様にしていました。逆に”そんなものである”という位の軽い気持ちで構えていました。しかしながら大抵は、がっくりと肩を落としていたのが実際のところと思いますが、相手にも都合があるわけであるし、そんな中に無理に参入していったとしても、いずれは遅かれ早かれ、お互いに対する情熱が冷めるのは時間の問題と思いました。

そんな訳で、不採用の通知も、悪いことばかりではないのかもしれないと、のんきに構えるようになりました。

プロキャリアを使った印象

初めは、多数の求人情報の提供と、その他というのが一般的な印象でした。ところが求人の合同説明会の時から、及び腰だった私に積極的にアプローチとフォローをとても細やかにして頂き助かりました。

具体的には、履歴書や職務経歴書の添削をしていただいたり、また、書類選考が通過したところの、面接に来所する際には、建物の入り口で待ち合わせをして頂いて、そこの事務所の面接担当者にスムーズに事が運ぶように取り次いでいただきました。

これから活動を始める方へのアドバイス

なんでもいいから、とにかくアクションをした方がいいと思います。慌てることは無いとは思いますが。一から履歴書や職務経歴書を書くのも一仕事です。結構時間がかかります。また、待っているだけでは、それほど事が進みません。それから、根気があれば大丈夫だと思いますし、また必要ではないかと思います。

さらに、希望先の勤務条件も質問を準備しておくとかしておいて判断材料を揃えた方がいいです。例えば、報酬、休日出勤の有無と代休扱いなのか?、業務の得意分野と自分の職業としての方向性等。

ある程度の妥協は必要ですが、自分がこんなはずではなかった、と思わないように慎重に検討して下さい。

「プロキャリア」は、就職活動や転職活動に臨むあなたのパートナーとして、充実したサービスと親身なサポートで力強くバックアップいたします!
ご登録は無料です。まずは、お気軽に下記WEB登録フォームからご登録ください。

まずは気軽にご相談下さい。登録はこちらから 企業知財部・特許事務所求人へ登録

求人情報